エントリーシート 例|内定への手引き

エントリーシートの例、エントリーシートの書き方、自己分析のコツなどを公開中の就職支援ブログ!リクナビに次ぐ就職サイト、日経就職ナビを活用した就職対策法。

自己分析

1、自己分析のコツ

自己分析という言葉はご存知ですか?
自己分析とはその言葉の通り「自分はどんな人間か分析すること」です。
就職活動において、自己分析はすご〜く大切です。

エントリーシートを書く上でも、面接を受ける上でも、
自己分析が不十分だと不本意な結果になる可能性が
非常に高いです。


自己分析はそんな重要なものなわけですが、
自己分析をするためにやることは以下の3つだけです。

1、過去の自分を振り返る
2、現在の自分を考える
3、未来の自分を考える

この3つを考えると共に、何故そうなった(なる)のか理由を挙げましょう。

 (具体例)

1、高校時代は弓道部の副部長として部員をまとめ、部長を補佐。
 【理由】 他人価値観を受け入れることで、みなに好かれたから。

2、大学に入り、英語を学ぶべくNOVAに通い、短期留学をする。
 【理由】 色々なと出会って、様々な価値観を見てみたかったから。

3、将来はいろいろな人と価値観を共有する仕事をしたい。
 【理由】 と接して価値観を広げることがしたいから。

この自己分析におけるキーワードは「人、価値観」です。
やっていることはマチマチでも、このように一貫した理由(キーワード)があれば非常に説得力が出ます。
エントリーシートや面接も格段に有利になります。

3の理由が1、2の理由と一致しないとなかなか内定は難しいです。
おそらく就職活動がうまくいかない方の理由のほとんどがここにあります。
また、将来やりたいこと(=希望職種)と
現在・過去の自分の行動を結びつけるのは
具体的な行動(例、海外留学していたから商社に就職したい)よりも、
その行動を裏付ける理由(例、いろいろな価値観を見てみたい)の方が適しています。


2、自己分析の裏技

以上のように自己分析をするのがコツ……ですが、
自己分析はあくまで自分の思うままに行うものです。

自己分析が適性診断(=適性検査)などとズレていると
就職活動は非常に難しいものになってしまいます。


もしあなたの自己分析の結果と適性検査の結果が一致しなかったら…

人事担当者はあなたを二重人格者だと勘違いするか、へたをしたら
「あなたが自分を良く見せようとしている」と思います。

適性検査の結果と自己分析の結果を
見比べましょう!<<超重要>>


日経就職Navi ← 無料・適性検査実施中!
(↑クリック後、右上「就職対策」、中段「診断・テスト」の下「自己価値発見診断」をクリック)
【自己分析の裏技】

就職活動の基本は自己分析です。その基本の自己分析が適性検査とズレていると後々大きな痛手を被ることになりますので、注意しましょう。

***************************************************************
【就職ランキング】  ←  ランキング順位急上昇中!

 | HOME | 

メニュー

管理人より

エントリーシートの例を公開中!!

エントリーシートの例を公開している就職活動支援ブログの「内定への手引き」です。リクナビに次ぐ就職サイト、日経就職ナビを活用した就職活動術を公開。

運営者への問い合わせ、相互リンクの依頼はこちらのメールフォームに入力して下さい。

また、当サイトのコンテンツに少しでも「役に立つ」と感じてくれた方は↓↓↓をクリックしてランキングにご協力ください。
・ 人気blogランキング

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


最新のコメント